FC2ブログ
 
プロフィール
 

みゅう.112

Author:みゅう.112
 出身地 : 愛知県

 
検索フォーム
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment | Trackback
 
 

ウズベキスタン、お金の話

 
2013/08/22(Thu) Category : ウズベキスタン

    ウズベキスタン   ウズベキスタン <Uzbekistan> 

     首都 : タシュケント<Toshkent>
     面積 : 44.7万k㎡ (日本の約1.2倍) 
     人口 : 2,956万人
    公用語 : ウズベク語
     通貨 : スム <UZS> (1UZS=0.3円)
     GDP : 一人当たり30,000UZS (約1,346円)
     時差 : 日本とは-4時間   
                                     2013年度現在

サラーム (こんにちは)


あたしはこの旅で17カ国目となる、ウズベキスタンに入国しています

P1100879.jpg

在ビシュケク領事館の、中央アジアらしい見事な仕事ぶりにより
3週間ほど滞在する予定を、半分の10日間にまで短縮されてしまった状況で
果たして・・・ あたしは、充分な観光ができるのでしょうか


ウズベキスタンは、中央アジアで最も数多くの世界遺産を抱える国
観光化は進んでいるのに、その状況とは相反する実態も見受けられます。

そんなエピソードの中から、今日はお金の話を

P1080454.jpg P1080455.jpg

この国の通貨はスム、種類の紙幣のみが流通しています。
海外のクレジットカードに対応できるATMが、存在しないために
入国には、ドルやユーロなどの外貨を持ち込まなければいけないのだけど。

それ以上の問題が、通貨価値


実際の換金レートは、銀行の公定レートよりも3割ほど安値で推移するため。
最高額紙幣でさえ、日本円に換算すればわずか30円足らず
100ドル(約1万円)を両替すると、こんな事態に・・・

P1080452.jpg

ねっ、ビックリするでしょう

ちなみに、今日あたしが滞在するホテルの料金は39ドル程度。
ドル払いも可能だけど、現地通貨なら枚の紙幣が必要になります。
この手間に何の意味があるのか、あたしは理解しづらいです(笑)


長く検討されてきた新紙幣導入が、今年やっと実現したんだとか

P1080453.jpg

ただ・・・ 今の状況を改善するには、まだまだ時間がかかるかも。
地元の人がどうやって現金を持ち歩くのか、すごく気になるトコロです


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

スポンサーサイト
 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

中央アジアのビザを、ようやく制覇☆

 
2013/08/21(Wed) Category : タジキスタン
ハイル ナボシェッド (さようなら)


首都・ドゥシャンベに、戻ってきました

P1070031.jpg P1060454.jpg
P1060598.jpg P1060599.jpg P1060606.jpg

イシュコーシムがスタート地点となった帰路は、時間の大移動となり。
恐れていた悪路よりも、厄介な事態が車内に待ち受けていたけれど。
長い話になるので割愛します、詳しくは るーさんのブログ でご覧下さい(笑)


ようやくあたしは、タジキスタンを出国できます

P1070062.jpg

あたしが知る限り・・・ 世界で最も旅行者を泣かせている、このビザ

観光を目的に申請する場合は、全日程にガイドを同行させる必要があって
お察しの通り、その旅費は恐ろしい金額となってしまいます

そこで申請したのが、第3国への出国を目的とする「通過ビザ」というモノ。
あたしがカザフスタンのビザを取得した理由も、ここにありました
このビザ申請には、いくつかの面倒な条件をクリアする必要があるけれど。
受領できれば、自由に個人旅行を楽しむコトができるんです

ただ・・・ その基準は全く不明ですが、申請が却下される事例もあるらしく
最大でも、5日しか滞在を認めてもらえないと聞いていました。
無事に取得できて、本当に良かったなぁ


ビザに一喜一憂してきた、この1か月

実は、この煩わしさを回避するコトもできました
一時帰国していたあたしには、「日本での申請」という選択肢があったから。
噂によれば、とても簡単にビザが発行されているんだとか

現地取得を望んだ自分に、後悔を感じた日もあったけれど
大きな困難を乗り越えた今、すべてがいい思い出にしか思えないし。
これから訪れる国への期待は、膨らむ一方です

いよいよ、中央アジア3か国目のウズベキスタンへ


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment2Trackback0
 
 

大満喫のワハン回廊~!!

 
2013/08/20(Tue) Category : タジキスタン
インジャ クジョー アスト (ここはどこですか?)


パミール高原の奥地・ワハン回廊までやってきた、あたし達だけど
それぞれのビザの都合から、時間が取れたのは1日だけ
持っている情報が少ないので、ゲストハウスのマネージャーに相談したところ
観光情報の提供はもちろん、車の手配まで面倒をみてくれると。

さらに、英語ガイドとして同行してくれるコトに・・・ 

IMGP0663.jpg P1060911_20131006065634e9c.jpg


マネージャーのバリーさんが薦める、ヤムチュンへの温泉ツアーは。
道中にある要塞2箇所へ立ち寄り、近郊の仏教寺院跡にも訪れるというモノで
ワハン回廊の見所を、しっかりと押さえた内容でした

P1060906.jpg 
P1060900.jpg P1060902.jpg P1060948.jpg
P1060962.jpg P1060961.jpg
P1060916.jpg P1060918_201310061721381a3.jpg P1060923.jpg

ヤムチュンの温泉でも、男性用はセメント製の浴槽だったそうですが。
嬉しいコトに女性風呂は、小さいながらも鍾乳洞を利用したモノ。
タジキスタンには、レディファーストの精神でもあるのかなぁ


あたしが、何よりも楽しかったのは

途中で見かけた結婚式に、お邪魔させてもらうというハプニング。
前触れもなく現れた旅行者を、歓迎してくれる地元の方々
そんなご厚意に甘える形になり、昼食までごちそうになっちゃったんです

P1060875_201310061745112d3.jpg IMGP0688.jpg
P1060880.jpg P1060879.jpg IMGP0687.jpg
P1060889.jpg P1060886.jpg

長居はしなかったけれど、ホスピタリティにはしっかりと触れました


パミール高原の情勢は、決して安定しているワケではなくて
昨年は軍事衝突が勃発しており、いくつかの国境が閉鎖されたくらいです。

あたしは、出会ってきた旅行者の情報から
今は「危険ではない」と判断した上で、この場所へ来たのですが
無事に旅を楽しめた結果について、幸運だったと思わずにいられません

P1060969.jpg

みんな、本当にありがと~っ


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

秘境の入り口、イシュコーシム

 
2013/08/19(Mon) Category : タジキスタン
マン マネファッマム (分かりません)


タジキスタンとアフガニスタンを隔てる、パンジ川

P1060840_20131004183850dc3.jpg

この川に沿って、パミール高原を奥地へ進んだ先には
「ワハン回廊」と呼ばれる渓谷が、待ち受けているんだそうです

その景観には、かなりの定評があって

中央アジアには、自転車で旅をする欧州の旅行者が多いのだれど。
「最短ルートを迂回するだけの価値がある」、なんて言う人もいるくらいで。
パミールに足を踏み入れる以上は、行ってみたいと思った場所


というワケで、あたしたち3人はイシュコーシムへと来ております

IMGP0544.jpg P1060847_20131004213856f4a.jpg

ワハン回廊の起始部に位置する、秘境の集落には
建物以上に人の気配が少なく、時間を持て余すコトになったみゅうさん。
アフガニスタンとの国境を眺めながら、旅への思いを馳せました

       P1060857_20131004205213854.jpg


ここまでの道中も、景色はすごくキレイだったなぁ

P1060822.jpg P1060712.jpg P1060825.jpg
IMGP0509.jpg 
P1060818.jpg P1060721.jpg P1060832_201310041935536c8.jpg

ワハン回廊が、楽しみですねっ


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

アフガニスタン国境で、お買い物~♪

 
2013/08/18(Sun) Category : タジキスタン
 1.    イェク       6.    シィシュ       11.    ヤズダァ
 2.    ドゥ          7.    ハフト         12.     ダボァズダァ
 3.    セッ          8.    ハシュト       20.     ビースト
 4.    チャール     9.    ノー         30.    シー
 5.    パンジュ     10.    ダァ         100.    サット


近年は情勢が不安定なコトで知られる、アフガニスタン。
現地で人道支援を行っている外国人さえ、武装勢力の標的となってしまい
5年前には、日本人が犠牲となったという悲しい報道もありましたね。

そんな場所へ、今は絶対に行きません

もしも、こんなレベルの危機管理さえ不本意だと感じるようであれば。
旅をする資格など、その人には無いんじゃないかと思うくらいです
最低限の責任も果たさずに遭遇したアクシデントを、不運とは呼べないハズ。


アフガニスタンへの好奇心を、否定するワケじゃありません

多くの旅行者が、アフガニスタンへ足を踏み入れていた時代もあって。
「素晴らしい国だった」という話は、何度か耳にしているし
あたし自身も、どちらかと言えば興味があるタイプ

なので、相手を招いてみましたよ(笑)

       P1060774.jpg
       
実は、タジキスタン南部に拓けるのはアフガニスタン領
あたしが滞在しているホーローグも、国境沿いにある町の1つ
ここでは週に度の土曜日だけ、アフガン商人さんのバザールが開かれます。

P1060810.jpg 
P1060781.jpg P1060782.jpg P1060787.jpg
P1060790_20131003215643dc5.jpg P1060789.jpg P1060788.jpg
P1060814.jpg P1060800.jpg


当然ながら国境付近は厳戒態勢で、写真の隠し撮りには緊張したけれど

       P1060763.jpg
P1060758.jpg P1060761.jpg

すぐ隣にある市場は、とっても和やかな雰囲気
憧れの国に接するチャンスを満喫しようと、張り切っていたみゅうさんは。
あっさり半額まで値引きしてくれた、20TS(約400円)のワンピースを購入

P1060795.jpg

ベストアンサーである「アフガニスタン製」を、期待するあたしに。
自信に満ちた態度で、想像を超える回答を口にした・・・ この商人さん。
展開としては面白いから、不満は微塵も感じないけれど。

どうして、ウズベキスタンの商品を持っていたの


おまけ

海外で目にしたモノを、欲しいと思うコトは多くても。
旅における実用性がない場合には、手にしないと決めていて
いつもは写真を撮って満足するけれど、コレを我慢できませんでした

アフガニスタンの通貨、アフガニー

P1060862.jpg P1060861_201310040046124e9.jpg

いつか再び、アフガニスタンを安全に旅できる日が来たとしても
ここで両替してもらった紙幣を、使う気持ちなんて起こらないだろうなぁ
な~んて言えば、ステキな響きだけど

入手したのは、30アフガニー(約60円)だけですからね


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment2Trackback0
 
 
カテゴリ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。