FC2ブログ
 
プロフィール
 

みゅう.112

Author:みゅう.112
 出身地 : 愛知県

 
検索フォーム
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
 
 

求めていたのは、この光景 in ビシュケク

 
2013/07/31(Wed) Category : キルギス
シズティン アトゥヌズ キン? (あなたのお名前は?)


それは、初めてビシュケクを訪れた日のコト

中心部でバスを降りたあたしが、まず最初に目にしたモノは
Wifiと表示されるタクシーが、信号待ちしている様子
もちろん、遭遇するのは初めてのコト

真偽を確かめてみると、インターネット接続できるホンモノでしたが
デジカメのバッテリー不足が原因で、写真に収めるコトは叶わず・・・。

残念な気持ちは、日を追うほどに募る一方でした

理由はいたって単純で、目撃者があたし以外に見つからないから
そんな貴重な出会いを果たしていながら、証拠を残せなかったなんて。
もはや対象の価値よりも、この事実が悔しいんですよ


いつからか、見かけるタクシーを目で追う日々が始まりました
週間以上が過ぎても、一向に姿を現さない状況に。
あたし自身さえ、その存在について半信半疑になりつつあった今日。

出会いは、いつだって突然です

P1050982.jpg P1050983.jpg

先客がいたために、乗車までは出来なかったけれど
その撮影に成功した達成感だけで、1日をご機嫌に過ごせるほど。
ビシュケクでの日々は、退屈に満ちてきました(笑)


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

スポンサーサイト



 
コメント:アイコン Comment2Trackback0
 
 

キルギスの珍味

 
2013/07/30(Tue) Category : キルギス
ブル エムネ? (これは何ですか?)


ボーステリでよく見かけた、この光景

P1050937.jpg P1050821.jpg

湖岸でこの魚を食べる人の多さに、興味は増していき
怪しげな雰囲気はあるけれど、50SOM(約100円)なので挑戦するコトに

これがね、なかなかイケるんですよ

P1050909_201309140858406b6.jpg P1050913.jpg

燻製加工されているのみで、加熱処理はされていません
分かりやすく言えば、「かなり塩分がキツいスモークサーモン」でしょうか。
単品では若干食べづらさもありますが、ビールとの相性は最高です

今日のビシュケクへ戻るバスの車内は、コレを大量に持つ人でいっぱい。
その匂いといったら・・・ さすがに、ごちそうさまってカンジでしたね


今日はもう1つ、珍味をご紹介します

P1050465_20130914091625eed.jpg

ビシュケク市内の路上に数多く出店している、このドリンク・スタンド
販売される飲み物は、これもまた少し謎めいた雰囲気が

P1060028.jpg P1050984.jpg P1050985.jpg

これはクムズと言い、馬乳を発酵させて作られていて。
健康飲料として、キルギスでは幅広い世代に人気があるようです
紙コップなら、1杯18SOM(約38円)から

気になる、お味なんですが
酸味の強いヨーグルト味で、油分の多さと独特の匂いが気になるトコロ・・・
中には、微量のアルコールを含むモノもあるんだとか

それでも、あたしは二度と飲まないと思います(笑)


おまけ

ビシュケクに戻ったあたしを迎えてくれたのは、いきなりの再会でした

P1050962.jpg

新メンバーのタケさんは、御年歳。

携帯メールさえ使えないあたしの父親とは違い、ITに精通していて。
なんと ブログを更新しながら、旅をされているんです。
そんなタケさんの感性にふれるコトのできるブログは、こちら

    タイトルをクリックすると、タケさんのブログへと移動できます 
        「♪☆♪☆♪ 新・恋の扉を開けに世界へ ♪☆♪☆♪」



いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

イシュク・クル湖で、何するの?

 
2013/07/29(Mon) Category : キルギス
メン ヤポーニャダン ケルディン (私は日本人です)


セレブ気取りで、避暑を満喫するみゅうさん

イシュク・クルはキルギス最大の湖で、その規模は琵琶湖の倍。
湖岸には数多くのリゾートエリアが開発され、とっても賑やかです。
あたしがたどり着いたボーステリ、ちょっぴり静かな場所を想像したのですが
チョルポン・アタに聞いていた噂以上の光景が、ここにはありました。

P1050841.jpg 
P1050855.jpg P1050858.jpg P1050865_20130914081321f96.jpg


ブログでは一切、触れるコトはなかったけれど

実は・・・ イスラム圏は現在、ラマダーン(断食週間)の最中
あたしが昨年過ごしたイランでは、一見するだけで様子の違いが分かるほどで
旅行者といえども、そのしきたりに従わざる得ない状況がありました。

あたしは一応、地元の人前で飲食するコトは控えてきましたが
ここキルギスでは、レストランは通常通り営業しているし。
街中で、昼間から飲食する人の姿は珍しくありません
イシュク・クル湖の、気になる様子は・・・

P1050819.jpg

やっぱり、予想通りだねっ


ここは標高1,600mにあり、朝・晩は肌寒さを感じる場所。
湖水はかなり冷たく、とても長時間の遊泳を楽しむ気にはならないので
あたしは湖岸でのんびりと、ビールを楽しんでおります
いたって、庶民的な過ごし方です(笑)

       P1050901.jpg
P1050814.jpg P1050900_20130914083113c9e.jpg P1050800.jpg


ちなみに、さまざまな種類が用意されていたアクティビティについてですが
さほど興味を持てなかったので、今回は利用していません
あしからず・・・


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

久しぶりのリゾート♥

 
2013/07/28(Sun) Category : キルギス
 1.    ビル         6.    アルト         11.    オンビル
 2.    イキ         7.    ジェディ         12.    オンイキ
 3.    ウチュ        8.    セイキズ        20.    ジイルマ
 4.    トォルトゥ      9.    トゥクズ          50.    エル
 5.    ベシ         10.     オン         100.    ジュズ


昨日、目的地を寝過ごしてしまったみゅうさん

もともとの目的地は、「チョルポン・アタ」という湖岸エリア。
そこへ、タクシーで戻るコトも考えたけれど
ホテルの客引きや出歩く観光客の姿が、比較的多いところを見たあたしは
縁があった「ボーステリ」での滞在を、決意しちゃいました


P1050791.jpg P1050844_20130910164909406.jpg

様々な宿泊施設が、予想以上に存在していたけれど。
決して思うように進まない、ビザ受領のストレスを癒すためにも。
ちょっぴり贅沢をするつもりで来ているので、その結果こんなカンジに・・・

       P1050760.jpg
P1050770.jpg P1050765_201309101653583e8.jpg P1050766.jpg

1カ月ぶりのお風呂を、満喫してます


最低価格なら、1泊350SOM(約700円)から宿泊できるなかで。
あたしが選んだのは、1,800SOM(約3,600円)というハイクラスなホテル
レストランも併設されているし、館内ではWifiだって使えます

ビシュケクのバザールで購入した、リゾート用のワンピースを着れば
足元はビーチサンダルでも、貧乏旅行者の面影は消え去ってしまうハズ(笑)

       P1050756.jpg

たまにはいいなぁ、こういう気分も


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

チョルポン・アタへ行こう♪

 
2013/07/27(Sat) Category : キルギス
カンチャ トゥラト (いくらですか?)


今日は、久しぶりの移動日

はっきり言えば、あたしは移動が好きじゃなくて
荷物の大半をベッド周囲に並べていた分、パッキングに時間がかかり
背負ったバックパックは、なんだか重たく感じたけれど。
ビザのための拘束から解放される気がして、自然と笑顔になれる朝でした


連日、℃を超えるビシュケク・・・。

避暑地として人気のあるエリアを目指し、あたしはバスターミナルへ。
旧ソビエト圏の、コーカサス地方と同様に
ここキルギスでも、バスにはタイムスケジュールがありません
定員が集まれば出発するスタイルで、運行していたけれど。
ほとんど待ち時間もなく、幸先のいいスターに

P1050735.jpg P1050743.jpg


目的地のイシュク・クル湖へは、5時間半の道のりがあって
遠くに湖面が見え始めるまで、珍しく車窓を楽しんでいたみゅうさん。

もうすぐ到着という頃に、強烈な眠気に襲われ
バスが停車した様子に目を覚まし、まずは運転手さんに場所を確認すると
何やら言いながらも、あたしの荷物を下ろしてくれました


ホテルを探すために見たガイドブックの地図に、感じる違和感・・・

P1050881.jpg

バス停で待機するホテルの客引きに、英語を話せる人のいないコトが。
この状況を示唆している気もしたけれど、まずは冷静に
到着したと推測する地名を告げてみたら、笑顔で帰ってきた返答は

「にぇっと」(ロシア語で「違う」の意味)


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 
カテゴリ