FC2ブログ
 
プロフィール
 

みゅう.112

Author:みゅう.112
 出身地 : 愛知県

 
検索フォーム
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment | Trackback
 
 

ゴリスで、洞窟を探索しよっ♪

 
2012/10/31(Wed) Category : アルメニア
サー インチェー? (コレは何ですか?)


昨日ご紹介した光景のほとんどは、新市街と呼ばれる場所
ここゴリスには、趣のある旧市街が存在するんだとか。

それが、こんなカンジだったんです

 P1270550.jpg P1270470.jpg

あれっ・・・ 市街地はドコに

広がるのは、見たこともない町の光景
それもそのハズ、紀元前から新市街が作られた世紀までは。
この地域に生きる人々は、洞窟住居に住んでいたと言われていて。
ゴリスの町から東の山々を見上げると、数多くの洞窟を見るコトができます

P1270502.jpg

「アルメニアのカッパドキア」、そう呼ばれる光景も重なって。
とても神秘的で、魅力のある光景です

P1270179.jpg P1270227.jpg P1270263.jpg

       P1270222.jpg

探索するのが、ホント楽しすぎますっ

P1270249.jpg P1270241.jpg P1270225.jpg

 P1270485.jpg P1270487.jpg


出歩く時間に比例した絶景に、出会える町です

P1270544.jpg P1270488.jpg

P1270527_20121104035322.jpg P1270557.jpg


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

スポンサーサイト
 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

鮮やかに彩られた町、ゴリス

 
2012/10/30(Tue) Category : アルメニア
ケース シールム イェン (あなたが好きです)


昨日、ナゴルノ・カラバフを出発したあたしは
首都・エレヴァンへの道中、寄り道をするコトに決めていた町で下車。

なぜなら、車窓から見た町並みに惹かれたから

P1270183.jpg

ナルゴノ・カラバフへ向かった時より、紅葉がすすんでいる印象です

 P1270141.jpg P1270270.jpg

P1270285.jpg P1270289.jpg P1270287.jpg

      P1270282.jpg


のんびりと時間が流れているような印象を受ける、ゴリスの町
すっかりご機嫌なあたしは、表情が緩みっぱなしです

だって目の前に、こんな光景ですよぉ

P1270278.jpg P1270272.jpg

P1270256.jpg P1270151.jpg P1270273.jpg

P1270185.jpg P1270328.jpg

P1270296.jpg

あたし的には、たまんない町ですっ


おまけ

アルメニアへ入国してからの、この週間。
滞在する宿にシャワーがあったのは、セバン湖の1泊だけ

ステパナケルト滞在中は、町に入浴施設がなかったので
実は・・・ 洗面所の冷水で、洗髪をするような日々だったんですよね
被災地ボランティアへ行った4月にも、同じコトしてたなぁ(笑)

P1270302.jpg
Hostel Goris ツインルーム一泊<5,500Dr=約1,100円>

ゴリスの滞在が快適なのは、シャワーがある民宿にいるからかも


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

ナゴルノカラバフの聖地、ガンザサール修道院

 
2012/10/29(Mon) Category : ナゴルノ・カラバフ
ケーズ ネステル (またね)


あたしは、その存在をよく知らずにいたのに
ナゴルノ・カラバフへ来てから、興味を持った場所があります。
なぜなら、ここで出会った地元の方々が尋ねてくるから

「ガンザサールには、もう行ってきたの


繰り返される民族紛争によって、建造物のほとんどが。
その姿を変えてしまった、ナゴルノ・カラバフにあって
北西部の山々に囲まれた小さな町・ヴァンクは、大きな被害がなかった場所。

       P1270052.jpg

P1270022.jpg P1270027.jpg P1270031.jpg

 P1260957.jpg P1270029.jpg

そこにあるのが、ガンザサール修道院


その歴史は、13世紀にまで遡ることができるんだとか
世界で最も早くにキリスト教信仰を始めたという、アルメニア人にとって
長きに渡って、数え切れないほどの人々を受け入れてきた・・・この修道院が。
特別なものであるコトは、容易に推測できるトコロ

ナゴルノ・カラバフのステキな場所も、ちゃんと見ておきたいですからねっ

そんなあたしを迎えてくれたのは、見頃を迎えた紅葉の山々
修道院は、ヴァンクから徒歩で1時間の山道の先にあります。

P1260966.jpg P1260972.jpg


なんて美しいんだろう・・・

 P1260995.jpg P1260977.jpg

P1260978.jpg P1260991.jpg P1260998.jpg

P1260979.jpg

心からそう思える光景が、そこにはありました
交通の便はあまり良くないだけに、なおさらだったかもしれません。


戦争というモノを、初めてリアルに感じるコトができたナゴルノ・カラバフ。

最も恐れていた治安には、全く問題がなく
あたしが出会ったのは、笑顔あふれる魅力的な人ばかりでした

P1270049.jpg
ヴァンクでカフェを経営されているご一家、コーヒーをごちそうになりました☆

P1270044.jpg P1270045.jpg P1270048.jpg
店先に並ぶ彫刻画は・・・   長男さんの作品       アルメニアはコーヒー文化

人間なら誰もが持つ2面性、「善」と「悪

ここではそのどちらにも触れるコトとなり、多くの感情が芽生えました
そして自分自身について、向き合う機会ともなりました
もしも生まれる時期や場所が違ったら・・・、何度そう思ったか分かりません


日本を離れてから、もうすぐ年。
予測のつかない毎日を満喫はしていても、この生活が日常になりつつある今。
感覚が鈍化してしまった部分があるコトを、あたしは自覚していましたが

この環境に、改めて感謝する日々です


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

復興の象徴、シューシ

 
2012/10/28(Sun) Category : ナゴルノ・カラバフ
イエファブ (大丈夫です)


標高1,200mにある、シューシ。

ナゴルノ・カラバフ南部に位置し、長い間このエリアの中心地だった町は。
18世紀に、城塞が築かれる程の栄華だったようです。


P1260583.jpg

 P1260604.jpg P1260617.jpg

この町を大きく分して共存していた、アゼル人とアルメニア人。

100年ほど前に勃発して、今日まで続く衝突のなか。
情勢が変わるたび、劣勢民族の地区から人々と建物が姿を消した経緯や
先の戦争では戦渦が激しく、一時は無人となった事情により。
現在はステパナケルトに、主都の座を譲るコトとなりました

近年では、「廃墟の町」と呼ばれます


使命感にも似た気持ちが、あたしを突き動かしたけれど
どこか見たくないという気持ちもあって、道中の心境はかなり複雑でした。

 人災と天災は違う、どんなに自分に言い聞かせても
 昨年の震災後、被災地・岩手沿岸部で見た光景が脳裏にあふれて
 久しぶりに息苦しさを覚えるほど、胸がいっぱいになったくらいです。


悪意を持って破壊された建物が、望まずとも視界に飛び込んできます

       P1260856.jpg

P1260683.jpg P1260724.jpg P1260739.jpg

P1260863.jpg

ステパナケルトとは比較にならないほど、シューシの景観は悲しくて
人間の弱さや愚かさに、言いようのない虚しさを覚えたけれど。
確かにココに存在した民族の生活を、何とか偲ぶコトのできる様子に
あたしは少しだけ、思考に余裕を持てるようになりましたが

P1260800.jpg P1260843.jpg

逆に・・・ あの震災の規模を知った気分でした


1人でシューシを歩くコトを、不安にしか感じなかったあたし。
停戦から年、かつて町としての機能を全て失った場所で見たのは。
「生活」という名の息吹 ・・・ 復興の兆しでした

 P1260655.jpg P1260670.jpg

P1260382.jpg

P1260678.jpg P1260650.jpg

ここで生き抜く人々に、人間のつよさを感じました

P1260358.jpg P1260362.jpg P1260377.jpg

 P1260364.jpg P1260390.jpg

P1260391.jpg

ここが、ステキな町になりますように


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

ステパナケルトで見る、光と影

 
2012/10/27(Sat) Category : ナゴルノ・カラバフ
イン アムネ みゅう (私の名前はみゅうです)


アゼルバイジャン領に、陸の孤島として存在するナゴルノ・カラバフ

あたしはてっきり、もの寂しい場所なんだろうと思っていたのですが。
主都であるステパナケルトは、想像をはるかに超える活気のある町でした

P1260422.jpg P1260564.jpg

P1260419.jpg P1260538.jpg

P1260359.jpg

P1260249.jpg P1260399.jpg P1260402.jpg


だけど、多くの違和感があるのは事実

 P1270084.jpg P1260400.jpg

1992年に勃発した、アゼルバイジャンとアルメニアの戦争中
アゼルバイジャンからの絶え間ない爆撃を受け続けた、この町に残ったのは。
「無傷で残った建物など、ここには存在しない」、そんな言葉だったとか。

そんな面影を残す場所は、おそらく少なくなったのでしょうが
中心部から少し離れると、当時の惨状を窺い知るコトのできる場所も・・・。

P1260516.jpg P1260388.jpg P1260368.jpg
壁に残る銃弾         廃墟              廃工場

P1260513.jpg
現在も診療する病院でさえこの外観・・・ 隣地に新棟を建設中のようです


アルメニア人がこの土地で生活を充実させていく、その一方。
ここを追われた多くのアゼルバイジャン人がいたのも、紛れもない事実で。
どちらの民族にも多数の犠牲者があったコトは、言うまでもありません

あたしは町外れの墓地へ予期せず訪れてしまい、言葉を失いました。

P1260493.jpg P1260497.jpg

長く放置されたままの区画、もはや原型を推測もできないモノ 
戦時中の年号(1992~1994)が刻まれた墓標など、その数は多すぎて。
全てに手を合わせるコトなど不可能だと、すぐに理解できたほどです


多くの民族が、集落単位で住み分けるコトで共存していた南コーカサスエリア
ソ連統治時代の指導者・スターリンは、ある政策を執り行いました

それが、強制移住による集落改造

多民族をあえて混在状態にすれば、信仰心や民族意識の低下が起こって
全国民に共産主義の観念が浸透しやすくなる、そんな意図もあったとか。
これは失敗に終わるだけでなく、今日まで続く民族問題の土台となりました。

時代に翻弄されても、民族の誇りを培ってきた人々。

お互いが正義を主張しながら、衝突を繰り返してきた長い歴史は。
きっと、あたしなんかが想像できる以上に・・・ 奥の深いものなんでしょう


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 
カテゴリ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。