FC2ブログ
 
プロフィール
 

みゅう.112

Author:みゅう.112
 出身地 : 愛知県

 
検索フォーム
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
 
 

カントーで、水上マーケット

 
2012/01/26(Thu) Category : ベトナム
チュック タイ グー ゴン (おやすみなさい)


あたしがカントーへやってきた、目的はつ。

1つは。
今までチャレンジしたコトはあっても、どうしても経験できなかったコト。
こちらについては、また明日

なので、今日は。
もうひとつの目的について、ご紹介したいと思いま~す



メコンデルタというのは、大小いくつもの河川によって形成されていて。
もちろん、カントーにもたくさんの川が流れています。
ベトナムの経済成長により、道路の整備もすすんでいますが
まだ橋がかかっていない道は、多いそうです。

P10709000.jpg
大きな川を横断しているフェリー

生活には船が欠かせない人がいて、水上生活をする人もいます。
・・・ということは

カントーは・・・水上マーケットで有名な町なんです

あたしは、タイでできなかった水上ショッピングがしたくて。
ベトナム行きを考えた時から、楽しみにしていました

そして。
わざわざ、カントーまで足を運んだ理由は。
ボートをチャーターして、クルージングができると聞いたから
滞在しているホテルに確認したら、すぐに手配できるとのコトだったので。

  やっちゃいましたよ、船のチャーター
                (セレブに返り咲きですっ


今日のクルージングは5:30スタート

辺りはまだ暗くて・・・写真も撮れないような中を、進んでいく船。
だんだん明るくなっていく空を、あたしはただ眺めていました

P1080314.jpg   P1080320.jpg

空が明るくなった頃、マーケットへ到着しました。
見えるのは・・・観光客を乗せた船ばかり

P1080334.jpg
これが、小型チャーター船

「今日は年始だから、お店が少ないね~」と船頭さん。
予想もしなかった答えですが、東南アジアらしくて笑っちゃいました

マーケットでは、船首の竿が看板。
ぶら下がっているモノで、何を扱うお店か分かるようになっているそうです。
残念ながら、あたしが発見できたのは3艘だけデシタ

P1080344.jpg
この船の竿にぶら下がっているのは、黄色いスイカ ・・・分かりますか?


あたしは船頭さんに、最初からお願いしていたことがありました。
「アノお店を見つけたら、必ず寄ってね
思いが届いたのか、見事に発見することができました

おかげで実現できたのは、水上での朝食っ

P1080362_20120126230354.jpg
左はあたしがチャーターした船(船頭さんも写ってます)、右はフォー屋さん

       P1080368.jpg
       ベトナムの代表食、フォー <30,000VND=約120円>


もちろん、お味は格別でしたよ~


時間を持て余してしまったので、周辺をクルージングしてもらいました

P1080205_20120126234950.jpg
川沿いに住む人の生活を間近にしたり

P1080405.jpg   P1080415.jpg
ジャングルのような場所や             こんな橋をくぐって

P1080438.jpg
町へと戻ってきました



船を操縦しながら、船頭さんは途中でこんなサプライズを

P1080422.jpg   P1080399.jpg
樹木の繊維で編んである細工          川沿いに実っていたフルーツ  


まずは水上マーケット、大満足でしたぁ


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

メコンデルタにできた町、カントー

 
2012/01/25(Wed) Category : ベトナム
バン / ホーン (はい / いいえ)


昨日ホーチミンを出発して、到着しているのは。

関東 ・・・間違えました、カントーです(笑)

中国にはじまり、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア。
そしてベトナムで、南シナ海へと注ぐメコン川
そのデルタ地帯(三角州)に、この町はあります。

ここへは、ツアーを利用してやってくるのが一般的だそうですが。
いい町だという評判を聞いたので、あたしは移動してきちゃいました。
ホーチミンから南へ、バスで4時間弱でした。

P1070896.jpg   P1080029.jpg
リバーサイドエリアにある「ホテル31」       6USドル(約480円)のお部屋

今日までがテト(旧正月)の期間なんだそうで、ここでも閉まっているお店ばかり。
川沿いや町の様子を、のんびりと見ながら歩いてきました。
昼間の人出は、少ないです

P1080124.jpg
川沿いの公園には、ベトナムの英雄ホー・チ・ミンの銅像がありました

P1080096.jpg   P1080083.jpg
町にあった時計台                 お正月用のお菓子

夜になると道路には、車やバイクのライトがたくさん灯りました
みなさんのお目当ては、コレだったようです。

P1080018.jpg   P1080027.jpg
縁起が良いとされる、龍の舞い         歌やダンスのステージも

       P1080015.jpg
       近くには子供向けの、仮設遊園地までありました


さぁ、明日からが楽しみだな~

P1070994.jpg
カントーのお正月イルミネーション


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment8Trackback0
 
 

ベトナムの歩んできた道

 
2012/01/24(Tue) Category : ベトナム
カム オーン (ありがとう)


ホーチミンという町は。
女の子が町歩きをするには、最適な場所だと思うんです
百貨店やブランドショップが結構あるし、ベトナム雑貨のお店なんかも見かけます。
中心部から徒歩圏内に、フランス統治時代の歴史的な建造物もあるし

P1070622.jpg   P1070630.jpg
サイゴン大教会                  ホーチミン市郵便局

ライトアップされた街並みだって、こんなにもステキ

P1070727_20120124084041.jpg   P1070724.jpg
人民委員会庁舎                お正月のイルミネーション

とても綺麗な町、なんですが。

1960年代、この国土を舞台に戦争があったコトは・・・事実

終戦を迎えた1975年まで、ベトナム上空には軍用機が飛び交い。
爆撃や枯葉剤の散布が、実際に行われていたんです。


市内にある、戦争証跡博物館へ行ってきました

戦争の恐ろしさや虚しさと、平和の意味を。
後世へと語り継いでいくために、この博物館は設立されたそうです。
ここへも、多くの観光客が訪れていました

P1070466.jpg   P1070476.jpg
博物館の外観                  敷地内に展示される戦車

博物館の前には、軍用機が所狭しと並べられていました。
その広場で、はしゃいでいる大人や子供を、何人か見かけました。
切ない光景でした。
あたしは、どんな大義名分をつけたところで。
モノを破壊したり、人を傷つけるだけのモノは・・・どうしても好きにはなれません

戦争が好きな人なんて、いないと思っていますが。
あたしも、大嫌いです



ベトナム戦争というのは、当時1つの国の中に存在した。
北部の「共産主義」と、南部の「民主主義」。
この大きな隔たりのある2つの政策を、統一したいという願う・・・
同じ民族どうしでの争いであり。
当時、ベトナムに介入していた他国間の「代理戦争」だったとも言われています

博物館には。
当時、国際ジャーナリストによって発信された戦争中の写真が展示されており。
その中には、日本人のコーナーも設置されていました。
説明表記はベトナム語、英語と・・・全部ではありませんが、日本語もあります。


この戦争でも、犠牲になられた方は数多くいますが。
最前線に戦っていた、兵士よりも。
戦況に巻き込まれてしまった、民間人の方が圧倒的に多かったようです

民間人はもちろん。
兵士だって、戦争がはじまる以前は普通の人であったワケで。

戦争で犠牲になる人に、きっと罪なんかないのに

人の命の価値や、その人らしく生きる権利。
これらの意味を・・・一方的に否定されてしまうのが、戦争。
ベトナムでの、この「負の連鎖」は。
共産主義を目指した北部の民族が、悲願を達成した形で幕を下ろしました。
現在ベトナムは統一され、社会主義共和国となっているコトは。
みなさんも、ご承知の通りです


さらに、博物館では。
枯葉剤についての展示もあり、ベトナムの現実がしっかりと伝えられています


ベトナム戦争の終結から、今年で37年。

戦争によって受けた「傷」や「影響」から、全ての人が解放される日は。
まだ、訪れていないと思います

その一歩として、ベトナム政府は。
この戦争により生じた、ハンディギャップを持った人に対して。
保障制度を設け、配慮や対策をとっているようです

これは・・・残念ながら、カンボジアでは行われていないことでしたから。
本当に素晴らしいことだと思います


もう2度と。
同じような過ちが、繰り返されないコトを


心から願う、そんな一日でした

P1070582.jpg
博物館の出口で見上げた空


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

ホーチミンで、意外性を楽しもう

 
2012/01/23(Mon) Category : ベトナム
チュック ムン ナン モイ (あけましておめでとうございます)


あたしが過去に、ハノイで旧正月を迎えたときは。
ニューイヤーの瞬間、爆竹があちらこちらで鳴り響きました
日本との文化の違いを感じたので、よく覚えています。

2012年のテトを迎えた瞬間、あたしはこんな状況でした

P1070158.jpg   P1070105.jpg
こんな中を歩きながら               ビル群の隙間から花火を見ました

花火があがるコトは知っていたので、川沿いへ向かって歩いている途中でした
信号も、車道と歩道の区別さえも、まるで意味のない渋滞の中では。
安全確保が最重要課題で、歩くのも大変だったんです。
花火が始まったコトで年明けに気付く、という残念な結末を迎えましたが

       P1070124.jpg
       クライマックスを迎えても、全貌は把握できなかった

今年3度目の新年なので、もう何でもアリです(笑)


中国では、新年となる今日

ホーチミンも、確かにテト(旧正月)を迎えたんですが
あたしが滞在する宿の周辺では、普通の月曜日を迎えていました。
閉まっているお店を見つける方が難しいくらいで、あたしは完全に拍子抜け
嬉しいハプニングなので、構わないんですケドね。

でも10分も歩けば、想像していた光景がありました

       P1070229_20120124014011.jpg
       国旗を掲揚し、花を飾っている建物が多い

あたしがまだ子供の頃は、日本のお正月もこんなカンジでした。
いつからなんでしょうね。
何もかもが便利になりすぎて、その事実さえ「当たり前」になっちゃったのは

ベトナムにも、そんな日が来るんでしょうか・・・


今日は、もう1つ嬉しいハプニングがありました

偶然なんですが、お正月イベントに遭遇しちゃったんです
大勢の人たちが集まってる様子を見て、あたしもすぐに興味がわきました。

P1070458.jpg
生花で飾られた大きなドラゴンが、メインゲートでお出迎え

ここは、とても広い敷地を持つ公園
もともと、国内にある世界遺産のミニチュアが展示されているんだと思います。

P1070271.jpg   P1070329.jpg
昔の王宮のミニチュア               古代遺跡のミニチュア  

そこに特設ステージを設置して、いろんな催しがされていました

0P1070258.jpg   0P1070286.jpg
このあたりは物販スペース            いろんなグループがステージを披露

       P1070356.jpg
       見ていて面白かった、職人さんの粘土細工

入場料は20,000VND(約80円)でしたが。
もちろん、その価値以上に楽しんできましたよ~



おまけ

P1070246.jpg   P1070778.jpg
イベント会場への道は・・・             暗くなるとライトアップされました


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

今年3度目となる、カウントダウン

 
2012/01/22(Sun) Category : ベトナム
アイン ホエー ホーン? (お元気ですか?)


ベトナムは、他の東南アジアの国とは違って。
ゲストハウスが少なく、ホテル(ミニホテル)が多いです

       P1060959.jpg
       これがホテルが密集する大通り

今まであたしがよく利用してきた、ドミトリールーム(共同部屋)は少ないです


あたしが滞在しているのは「Minh Anh」、日本で言うなら民宿のようなところ。
細い裏路地を入って、少し歩いた場所にあります。
このエリアは民宿が集中しているので、治安の問題はなさそうです

P1060733.jpg
滞在している部屋は、こんなカンジ

1階にあるのはフロントではなく、この宿を経営している一家のお部屋。
そこを通らなければ、客室への出入りが出来ません
あたしも最初は、ここが宿泊施設だとは気付きませんでしたからね~。

お食事どきで、ご家族そろって団欒していたり
お昼寝をしているコトもあれば、横になってテレビを見てる時だってあります。
そんなアットホーム過ぎる様子を横目に、宿を出入りするのは・・・

あたしは、笑えちゃいます


大通り沿いの宿では、だいたい15USドル(約1200円)を提示するのに。
8USドル(約640円)で泊まれるので、あたしは悪くない気がします
素敵なコトに、シャワーは温水が出ました。

ただ階段の上り下りが大変すぎて・・・逆に、この構造に感心したくなります

P1060765.jpg
この狭さ、写真では伝わらないかも★

国が変わると、いろんな変化があって楽しいです

今日はホーチミンの町を探索するために、午前中から出かけました

ホーチミンには、スーパーマーケットが何件か出来ていました。
そこで、大体の物価を把握することが可能だったんですが。
あたしの場合、やっぱり向かいたくなるのは・・・市場

P1060790.jpg
観光名所のひとつ、ベンタイン市場

向かう途中に寄り道をしていたら、こんな景色を見ました

P1060911.jpg   P1060950.jpg

ベトナムは、中国に支配されていた歴史が長いためか。
現在も、文化や風習などへの影響が色濃くみられます。

そして歩いる最中、あるコトに気付きました

バイクや車の荷台に鉢植えを載せて走っている光景を、頻繁に見るんです。
「花を買ってく人が多いけど、何かあるのかなぁ・・・

ベンタイン市場の近くに、花を売る大きなマーケットが特設されていました。
「確かに、あたしも欲しくなっちゃうけど。 こんなにたくさん・・・何で

P1060832.jpg   P1060840.jpg
菊の鉢植えを購入した女性           マーケットは、この混雑ぶり

        分かった~っ

         この時まで、重要なコトを見落としていました

       テト(旧正月)を迎えるんだ

P1060892.jpg   P1060847.jpg
ベトナム版のお正月飾りのようです       竜のオブジェを飾っているところも

P1060857.jpg
太鼓の音頭に合わせて、竜が舞っていました


あたしは、首都ハノイで旧正月を迎えた経験があります。
ベトナムの人にとっては、家族とゆっくり過ごすのが慣習だそうで・・・
あらゆるお店が、閉店になってました

文化を否定するつもりはありませんが。
食べるコトにも困る事態となるため、旅行者にとって深刻な問題なんです。
営業している店を探すのは、予想以上に大変なコトで
かろうじて発見できても、そこで待っていたのは・・・

この期に及んで、お正月料金はないでしょ

ベトナム出国を、数日後に控えてた時期の話です。
これが、あたしのベトナムに対する印象を決定付けました


町並みをよく確認してみたら、すでに今日から休暇に入っているお店も多くて。
のんびり散歩なんかしてる場合じゃないコトが、やっと理解できました


開店しているスーパーを探して、食料と水は確保したし。
ホーチミンからの移動も、とりあえず延期するコトにしました。
準備万端、のハズです。

今になって思えば、ベトナムの物価の高さ・・・タイミングの問題があったみたいですね


去年の大晦日、12月31日。
滞在していた日本人宿で、日本時間の年明けをお祝いしました
それから2時間後・・・
現地時間に迎えた新年を、シェムリアップの繁華街でお祝いしました

そして今日、旧正月を迎える経験ができるんです


今年は・・・おめでたいにも程があります(笑)
「2度あるコトは、3度ある」って言葉は、ホントなんですねっ


せっかくの機会なので、楽しんできま~す


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment4Trackback0
 
 
カテゴリ