FC2ブログ
 
プロフィール
 

みゅう.112

Author:みゅう.112
 出身地 : 愛知県

 
検索フォーム
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment | Trackback
 
 

ビエンチャンを町歩き

 
2012/06/12(Tue) Category : ラオス
ラー コーン (さようなら)


あたしが、初めてビエンチャンを訪れたとき
ベトナム・ハノイからのバスは、中心部から数キロ離れた場所に到着
他の旅行者と一緒に、中心部へ向かうトゥクトゥクに乗り合わせたのですが
降ろされた場所で、あたしはびっくりしました

一国の首都である町の中心部だなんて、信じられない

あまりに閑散とした光景に、「騙されたんじゃないかな」と疑うほど。
ここは、こじんまりとした町だったんです


あれから、年・・・。

昨日の正午、ビエンチャンの中心部に到着したバスを降りたあたしは
再び、この町に驚くコトとなりました

まるで、違う町みたいになっちゃったなぁ・・・

 P1070061.jpg P1060990.jpg
 もともと寺院の多かった町並みに・・・    新しい寺院も見かけました

P1070024.jpg P1070008.jpg P1070163.jpg
以前からある建物       新しい建造物         市場もリニューアル

 P1070166_20120613002413.jpg P1070200.jpg
 凱旋門がモデルのパトゥーサイ        その展望台からの景色

高層のビル群があり、オシャレなお店ができて。
道路を行き交う車やバイクも、圧倒的にその数を増やしました

ルアンパバーンなどの変わりようを思えば、とても自然なコトで
「首都らしくなったんだ~なんて、感心したくらいです。


ゲストハウスも増えて、あたしは快適に滞在しているし

P1060981.jpg
Douang Deuane Guest House ドミトリールーム <40,000LAK=約400円>

ラオスで初めて、生ビール(ビア・ラオ)を味わうコトもできました

 P1070219.jpg P1070220.jpg
 テンションが上がる光景            <10,000LAK=約100円>

あたしがラオスに求めているモノは、こういった便利さではなかったので
今まで・・・どの町を訪れても、どこか違和感を感じていましたが
ビエンチャンに来て、素直に思えるようになりました

この変化も、きっと大切なんだろうなぁ


もちろん、変わらない景色もあります

メコン川周辺はすっかり整備されて、その景観は美しくなりました
でも、沈んでいく夕日の方が・・・ もっとステキでした

 P1070082.jpg P1070086.jpg
 メコン川の河岸を目指す人々        対岸に見えるのは、隣国・タイ

P1070134.jpg
降ってきた雨も気にならないような、本当に素晴らしい絶景でした・・・

あたしは明日、ラオスを出国します

次の目的地は
半年前にあたしがこの旅のスタートをきった、あの国です


おまけ

メコン川周辺では、ビエンチャンでは数少ない夜景を鑑賞できるし
夕方から出現する、ナイトマーケットを楽しむコトもできます

 P1070272.jpg P1070252.jpg

 P1060995.jpg P1070139.jpg


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

スポンサーサイト
 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

ラオスの美味しいモノ

 
2012/06/11(Mon) Category : ラオス
セープ ラーイ (美味しい)


ラオスという国には、もともと外食という概念がなかったようで
観光開発により、生まれた文化なんだとか

5年前のポーンサワンにはお店がなくて、食事にはとても苦労しました

あたしが今回、訪れてきた場所には
旅行者向けのレストランが必ずあったので、状況は進展していますが・・・
少し困ってしまうのは、どこもメニューがほぼ一緒だというコト(笑)


タイ料理やベトナム料理が定着する、ラオスの食文化

ラオス独自の料理というのは、とても少なくて
欧米人旅行者を意識してか、ウェスタンフードや、ファストフードが多いというのが。
ラオスの外食における特徴だと、あたしは思っています


今日は、あたしの記憶に残った料理のご紹介です

ラオスの主食は、もち米


朝方に散歩すると・・・民家の軒先で、もち米を炊いている光景をよく見かけました
お店によっては、カレーや炒飯にもち米を使うコトにビックリ

       P1060354.jpg

 P1060812_20120612114351.jpg P1100830_20120612114350.jpg
 鶏&たけのこのカレー             チャーハン

ラオスの人がよく食べている、国民食メニューはこちら

 P1060631.jpg P1060448.jpg
 パパイヤサラダ                 ラオス特有の、挽き肉&香草のサラダ

あたし、おもちは大好きなんですが・・・食事の際は、やっぱり白米の方が好みかも
アジア屋台で定番の「おかずのせゴハン」を、1番よく食べてました
ニガテだったお粥も、今では朝ごはんの定番です

P1060673.jpg P1010820.jpg P1060120.jpg

麺料理も充実してます

1番右の写真、ルアンパバーン名物の「カオソーイ」は。
ピリ辛のひき肉がたっぷり入っていて、あたし好みの味デシタ

P1010502_20120612113806.jpg P1060413.jpg P1060353_20120612113804.jpg

スナック類を見つけると、つい購入しちゃったなぁ(笑)

P1010752.jpg P1060340.jpg P1060351.jpg

 P1060727.jpg P1040914_20120612120006.jpg


ラオスのゴハンは、全般的に

タイ料理ほど辛くなく、ベトナム料理ほど香草は使わないせいか・・・
塩分の多さが気になる場合もありますが、日本人には食べやすい料理だと思います
1食のお値段は、他の東南アジアの国と同様に。
屋台なら8,000LAK(約80円)、レストランでも15,000LAK(約150円)~です


そして、あたしの大好きなお酒

「ラオスと言えば、ビア・ラオ」という程、知名度の高い国産ビールがありますが。
もうひとつ、「メコン」という銘柄が存在しているんです
どちらも瓶ビール1本、10,000LAK(約100円)から楽しめちゃいま~す

 P1060036.jpg P1010351.jpg

その他に、ウィスキーや焼酎も存在します
あたし、焼酎は大好きなんですが。(特に芋なんて、最高ですよねっ☆)
ウィスキーはニガテなので、ご紹介できなくてゴメンなさい・・・

       P1060722.jpg

こちらはラオスの米焼酎、「ラオラオ」

700ml1本のお値段は、15,000LAK(約150円)から
味も香りもまろやかなので、ロックや水割りがオススメなんですが
アルコール度数は40%、調子に乗ってしまうと・・・

おそらく、あたしのように2日酔いで苦しみます(笑)


おまけ

今日、ラオスの首都・ビエンチャンへやってきました
想像通り・・・ここもずいぶんと発展していて、町並みはすっかり姿を変えています
明日はこの町の様子について、お届けしたいと思いますっ





   東日本大震災から、15ヶ月を迎えた今日。
   あたしは移動していたバスで、黙祷をしました。


   先日、インターネットで山田町のニュースを見つけました。
   火災により消失した駅舎をモデルに作られた、居酒屋がオープンしたんですね。
   あたしの知っている方が、奮闘されています。
   
   とても嬉しいニュースであった、その一方で。
   その記事に、町並みの写真が掲載されていたのですが。
   あたしの知るままで・・・まるで、時を止めているかのように見えました。

   もっともっと、時間が必要なんだと。
   被災した方々の苦しい気持ちは、今もずっと続いているんだと。
   思い知った気がしました。


   あたしが帰国する頃には。
   驚くほど、町の景観が変わっているコトを。
   つよく願います。

   改めて・・・亡くなられた方々の、ご冥福を申し上げます。


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

バンビエンでチュービング☆

 
2012/06/10(Sun) Category : ラオス
コイ スー みゅう (わたしの名前はみゅうです)


バンビエンには、ナムソンが川が流れていて
険しい山々と美しく調和している景色は、昨日のブログでご紹介しました

ここの観光と言ったら・・・川くだり

巨大なチューブ(浮き輪)、カヤック、小型ボートと種類は様々ですが
あたしは、ここでは有名なチュービングを選択してみました

お店で浮き輪をレンタルして、4km上流のポイントへ車で輸送してもらった後は。
水流に身を任せて、各自で下流のポイントを目指すというシンプルな遊び。

あたしにとって、これが初めての経験です

       P1060828_20120611085135.jpg

あたしは学生時代に水泳部所属だったくらいで、泳ぎには自信がありますが
ニガテな人のために、ライフジャケットも用意されていましたヨ

では早速、挑戦してみましょう

P1060869_20120611085134.jpg

P1060817.jpg P1060845.jpg P1060875.jpg

 P1060899.jpg P1060896.jpg

 P1060861.jpg P1060851.jpg

もちろん、期待を裏切らない面白さです


川の両岸には雰囲気のいいバーが並び、好きな場所へ立ち寄るコトが可能

あたしはチュービングの最中に一緒になった、フランス人&ラオス人の3人組と
降ってきた雨を避けるために寄ったお店で、仲良くなりました

 P1060897.jpg P1060898.jpg

それがきっかけで、予想もしなかったステキな展開に

カヤックを楽しんでいた彼らのプランに、同行させてもらえるコトになり
近くの洞窟を、カヤックで一緒に探検できたんです

P1060938.jpg

P1060911_20120612084355.jpg P1060935.jpg P1060918.jpg

P1060921.jpg


チュービングの航程について・・・

乾季には、約4時間を要するそうですが
水量の増える雨季、最速の場合はわずか時間になるんだとか

自然の力って、ホントにスゴイなぁ

あたしは数時間、彼らと楽しく過ごしていて
チュービングショップの閉店時間が、目前に迫ってしまう事態となり
カヤックの上でチューブを抱えるという、奇妙なスタイルの川くだりまで体験して(笑)

結局のところ、45分で帰ってきました

P1060960.jpg



いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback1
 
 

雨のバンビエン・・・

 
2012/06/09(Sat) Category : ラオス
チャオ スー ニャング? (あなたの名前は何ですか?)


一般的に、6月からは雨季だと言われる東南アジア

ラオスに戻ってからというもの・・・毎日、雨には見舞われていましたが
決まったように、夕方から数時間のスコールだけ
昼間は強烈な日差しを浴びていたので、そんな感じなんだと思っていたのに

今日はお日様が姿を現すコトはなく、降ったりやんだりを繰り返しています
よく考えてみれば、日本も梅雨を迎える頃。

皆さんと同じような天候を過ごしてると思うと、これも悪くない気がします

     ラオス      : バンビエン         28℃ / 21℃
     あたしの地元  : 愛知県          21℃ / 17℃
     第2の故郷   : 岩手県山田町     18℃ /  15℃


晴れているコトに、勝る天候などありませんが
滞在するゲストハウスから見えた、バンビエンの雨上がりの景色を見て

あたしは、「ステキだなぁ」と感じました

P1060773.jpg

 P1060765_20120609202258.jpg P1060734.jpg


そうは言っても、雨の中を歩くコトに対してテンションは決してあがらず・・・

今日は、ゲストハウスで過ごす時間ばかりになってしまいました
とってもゆっくりなスピードのインターネットと、じっくりと向き合う時間が持てたので。

中国編のブログを、ようやくアップできましたぁ

ネットへの接続ができず、待機中のルアンパバーン編についても
編集作業に取り組んでいますので、楽しみにしてもらえたら嬉しいで~す


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback1
 
 

ラオスの移動は、とっても大変?!

 
2012/06/08(Fri) Category : ラオス
ムアイ ノイヌング (少し疲れました)


今日、ポーンサワンを後にしたあたし
滞在していたゲストハウスで、次の目的地へのチケットを購入していたのですが。

そのバスが、勝手にキャンセルされる事態に遭遇しました

その理由は、「乗客が人しかいないから」だそうで。(定員7名)
まず別方面のバスで移動し、途中で乗り換えをするように言われました

どこで降ろされて、いつ迎えが来るかも分からないような話に
納得して応じるほど、あたしはお人好しじゃありません
移動時間を短縮するために、わざわざ高いバスチケットを購入していたんです


直行できないのなら条件が異なるので、一部返金するように求めると。
代わりの直行バスを手配する、という話にまとまりました
こんな当たり前の措置をとってもらうにも、随分な時間を要しましたが
更にそこから、放置されるコト1時間半・・・

さすがにみゅうさん、ブチ切れました

「これ以上待たせるなら、全額返金しなさいっ、そう怒鳴ったら
明らかに慌てふためいた様子を見せて、すぐに代わりのバスが手配されました。
最初から、毅然とした態度でのぞむべきだったのかも・・・
無事に到着したから、構わないんですけどね


そんなワケで、予定の移動時間に遅延時間の2時間が加わり
8時間以上もかかって、ようやくたどり着いたのは

風光明媚な場所として名高い、バンビエン

もちろん今日は、景色を楽しむ時間を持てず
あたし自身もとても残念ですが、3泊を予定しているので
のんびりと過ごしながら、バンビエンの魅力をお伝えしようと思っていま~す

P1060683.jpg   P1060700.jpg
Chanthala Guest Houseの外観       シングル<40,000LAK=約400円>


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback1
 
 
カテゴリ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。