FC2ブログ
 
プロフィール
 

みゅう.112

Author:みゅう.112
 出身地 : 愛知県

 
検索フォーム
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment | Trackback
 
 

カンボジア最後の夜

 
2012/01/20(Fri) Category : カンボジア
リア ハウイ (さようなら)


今日はとても暑かった~

・・・というワケで、久々に気温表を作成してみました

     カンボジア   : プノンペン       31℃ / 24℃
     あたしの地元  : 愛知県         10℃ /  5℃
     第2の故郷   : 岩手県山田町    1℃ / -2℃

バンコクにいた頃と比較すると、日本の最高気温が下がっているのが分かります。
もしよろしければ、12月12日の記事をご覧下さいね

       ● http://myu112.blog.fc2.com/blog-entry-49.html ●

みなさま、くれぐれも体調にお気をつけ下さい


あたしがカンボジアに滞在できる期間は、明日で最終日を迎えます

出国するためのチケットは、ちゃんと手配しておきました。
今日は自分の準備を、着々と整えていたんですが。
思っていたよりも、時間がとれました
宿泊しているゲストハウスで、市内の地図をもらっていたので。

お散歩へ行ってきました

P1060313.jpg
町には街路樹が多い。 ちなみに、車もバイクも多いです・・・ 


最初に気になった場所は、市内の中央に位置する「オリンピック・スタジアム」

カンボジアでオリンピックが開催されていたんだと、一瞬は思い込みましたが
よく考えたら、不可能だってコトは・・・先日の記事の通りです。

P1060222.jpg   P1060210.jpg
かなり大きなスタジアム              国旗を掲揚するポールもいっぱい

       P1060238.jpg
       コレはおそらく、聖火台だと思います


ここでオリンピックが開催されるのは、いつの日でしょう

この施設の名前には、きっと・・・そんな願いが込められてるんでしょうね。
実現できる日が、はやく来るといいな


その後に、プノンペンの代表的なモノを見てきました

P1060451.jpg   P1060485.jpg
ワット・プノン                    独立記念塔 

P1060305.jpg
奥に見えるのは王宮。 この周辺には寺院が多く、お坊さんを何度も見かけました

P1060353.jpg   P1060370.jpg
トンレサップ川のクルージング船         川沿いの町並みは、こんなカンジ


出国前夜というのは・・・

たくさんのワクワクと、少しの不安で。
独特の雰囲気になってしまい、なんだか落ち着きません。

次の国でも、ステキな思い出をたくさん作りますよぉ


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

スポンサーサイト
 
コメント:アイコン Comment2Trackback0
 
 

プノンペンで見つめる、カンボジアの歴史

 
2012/01/19(Thu) Category : カンボジア
クニョム チョールチャット クマエ (私はカンボジアが好きです)


     今日の内容は、アップすることを悩んだ末の記事です

       もしかすると、不適切な表現があるかもしれませんが。
            どうか、誤解なく伝わりますように・・・


プノンペンの町並みも、見覚えある場所は少なくなった印象を受けます。
今までなら、まずは町並みやマーケットをゆっくり見たでしょうが。
滞在期間に限りがある今回は、優先順位が変わります
あたしには、訪れたい場所がありました。

行ってきたのは、カンボジアに残る 『負の遺産』

 「トゥール・スレン残虐博物館」です


P1060090.jpg
これがゲート

カンボジアの悲しい歴史については、今までも少しご紹介してきました。
実は、あたし自身もしっかりと理解できていません
この国の歴史については、いろんな見解があるようですから。

以下はあたしなりの理解なので、詳しくは・・・ご自身でご確認ください


   1953年、長く続いたフランス支配からの独立を遂げたカンボジア。
   (第2次世界大戦中は、日本との共同支配下にあった時代もあるようです。)
   経済政策の失敗により、国民からの不満を生んでしまい。
   1970年、警察を相手に起きた暴動が・・・クーデターにまで発展しました。
   これには、隣国ベトナムで起こっていた戦争とも深い因果関係があるようです。

   そして5年後に生まれたのが、ポル・ポト政権。
   カンボジアは彼の独裁政権となり、急進的な共産主義の政策をとりました。

   民主主義国家で生まれ育った、わたしには理解できませんが。
   彼なりに、理想郷を作ろうとしたのでしょう。
   国民から全ての財産を没収し、全国民を農業に従事させる法令を強要しました。

   そして、ポル・ポト自身が反乱を恐れてのコトか。
   もしかすると明確な理由さえ、なかったのかもしれませんが。
   まずは彼の政策に疑問を唱える人が、処刑されました。

   この事実を隠蔽するために、この事態はますます悪化したようです。
   残虐行為を行った人の中には、処刑されてしまった人も。

   その後は・・・『不穏因子』という名目で。
   罪もない国民に、一方的な理由を押しつけて。
   ポル・ポトに服従した、同じカンボジア国民により。
   老若男女を問わず、より残虐な行為が繰り返されました。
   
   逆に、残虐行為を行っても罪に問われず・・・解放された人もいるんだとか。
   現在はどんな思いを抱えて、生活していらっしゃるんでしょうか?


ポル・ポトが支配した4年間は、「暗黒の時代」とも呼ばれて
その期間だけで、犠牲になったカンボジア人が全体人口の1/2とも言う人もいます。
はっきりした統計は、平和が訪れた今でも把握できないんだとか

国際的な視点から、カンボジアに平和が訪れたのは1993年。
たった、数年前のコトです。


今回、訪れた「トゥール・スレン残虐博物館」というのは。
当時・・・カンボジアの人によって、カンボジアの人が処刑された場所。
その悲惨な過去を忘れないために、博物館として観光客に開放されています

2009年に、世界遺産登録されました。

ここにある、目を背けたくなるような展示物の数々と。
あたしは3時間以上、しっかりと向き合ってきました。
カンボジアを旅したのなら、絶対に避けて通ってはいけないと思ったから

* 写真を載せることは、あたしには出来ませんでした。すいません・・・ *


今も、カンボジアは混乱した時代の影響が残っています
『争いの終わり=完全な平和』、ではないことを、教えてくれます。

まだ国土に多く残る、地雷。
その負の遺産により・・・未来を手放さざる得なかった人の存在があります

アンコールワット遺跡群では、演奏家として。
その他の都市では、物乞いとして。
力強く生きている人が、国内には数多くいます

全ての人と向き合うコトは、もちろん無理ですが
あたしは何人かと、お話をしてきました。


P1030217.jpg
シェムリアップ、バンテイア・クデイ遺跡にて
       
       P1050302.jpg
       シアヌークビル、オールティル・ビーチにて


あたしは。
本当の優しさや強さを手にするには。
それ以上の苦しみや悲しみを経験しなければ、手にできないと思ってます

「痛み」の判らない人間は、気付かずに他人を傷つける。
「悲しみ」を知っている人間は、相手を思いやることが出来る。


カンボジアの人の、優しさや穏やかさは。
この国の歴史に基づいたものなのかもしれないと、あたしは思ってきました

どれほどの経験を、乗り越えてきたんだろう

そう思うと、日本に生まれ育ったあたしには・・・適わないモノを感じます。
理解するコトなんて、そもそも無理なのかもしれません。


旅というのは・・・自分が主人公
嫌なコトは避けて通れるし、好きなことだけを追求することもできる。
それを否定する気は、全くありません。
自分が同類だってコトも、ちゃんと理解してます。

勝手な意見ですが。
あたしは少しでも、こういう現実と向き合っていたいと思うんです。
わざわざ海外へやって来た意味は、そういう部分にあると考えているから

日本だけじゃ、ありません。
人間の住むところには、どこにでも必ず争いの歴史があって。
多くの過ちを物語る、過去があります


あたしはここを訪れてみて、良かったと思ってます

その理由は。
多くの観光客がここへ見学に来ている事実を、知るコトができたから。
地元の旅行会社も、格安でここへ訪れるツアーを組んでいるそうですよ

P1060097.jpg
ツアーで訪れていた、欧米からの観光客の方々

平和の尊さ・・・人間の弱さ。

そういったコトを考える機会を与えてくれる、この施設へ訪れることで。
「同じ過ちは、絶対に繰り返さない」、そう素直に感じると思うんですよね。
この思いを感じる人が増えたら・・・

きっと、いつまでも平和を維持するコトが出来る


あたしは、そう信じたい


P1060342.jpg
今日、王宮周辺から見た夕日


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

カンボジアの首都、プンペン

 
2012/01/18(Wed) Category : カンボジア
ソーム ニジェイ マドング ティエッ (もう1度、言って下さい)


今日もまた

日の出の時間を過ぎても、薄暗いまま・・・
ときどき曇り空を見上げながら、朝食を摂りました
「Beach Club」での朝食は、有料(4.5USドル=約360円)なのですが。

メニューが昨日と一緒だったので、さらに残念な気分でしたぁ

P1050773.jpg
今日の朝食は、こんなカンジに盛り付けてみました

リゾートなんだから、ゆっくりしたい気持ちはあるんですが。
あたしに残されているカンボジアでの滞在期間は、今日を含めてあと4日日

訪れる前から、シアヌークビルでの滞在を4泊と決めていたので
マーケットや漁港など、気になる場所もあったんですが。
リゾートだけを、しっかりと満喫したんです

贅沢って、たまにするから素敵なんですよね~

ペナンを出発してから、あたしが泊まってきた宿のシャワーは水でした。
こちらは暑いので、慣れてしまえば全然気にならなくなります

シャワーからお湯が出る、という普通のコトでさえ。
1ヶ月以上もご無沙汰していたあたしには。
「Beach Club」の設備に、どれほど感動したコトか・・・(本気)

これからも、時々は贅沢しちゃおうかと思います


というワケで、バスで5時間かけて移動してきました

この国の首都、プノンペンです

あたしは普段、宿の予約をしないコトがほとんど。
事前にネットでいろいろと調べて、候補をいくつか決めておきますが
雰囲気や周辺環境などは、そこへ行かなければ分からないし。
基本的には・・・予約がなくても、ちゃんと宿泊できるから

あらかじめ目星をつけていた宿は、条件が合わず。
若干トラウマになっているあの言葉、今日も何度か聞きました

そして偶然見つけたのが、「Spring Guest House」

       P1050992.jpg
       ホテルの外観

P1050977.jpg   P1050961.jpg
6階の角部屋、大きな窓からは・・・       こんな眺めが見られます

ここには防犯カメラが設置されているし、館内やお部屋の内装品&清潔度で。
同じコストパフォーマンスで部屋を提供している、他の宿とはレベルが違いました

気になるシャワーは・・・水でしたケドね(笑)


この町の中心部にあり、観光名所にもなっているセントラルマーケット
そこからは、少し離れているんですが★
地元の大きなマーケットが近くにあって、あたし的には好立地

P1060037.jpg   P1050998.jpg
こちらがセントラルマーケット           こちらは地元向けのマーケット

3泊分(18USドル=約1440円)を、前払いしました

ちなみに、この総額・・・
今日チェックアウトしてきたホテル、1泊分の料金の半額程度でした


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

違うビーチも、見ておきたいから

 
2012/01/17(Tue) Category : カンボジア
ニョアップ ニョアップ (はやく早く~)


楽園で迎えた、朝

「カーテンの隙間から差し込む朝日と、鳥のさえずりで目覚めました♪」


・・・現実は、そんなに甘くはありませんでした(笑)

今朝のシアヌークビルは、雨のち曇り
明日この台詞を言えたら、ホントに嬉しいんだけどなぁ

それにしても最近のカンボジアは、天気の良くない日が多い気がします
ちなみに今、本日3回目となるスコールが始まりました。
考えてみたらあたしには、ペナン以来1月ぶりの雨なんですよね~
だからと言って、降り過ぎじゃないかな★


昨日、調子に乗って水遊びしてしまったので。
日焼け対策はしていたのに、それでも全身かなり焼けました
昨夜は文字通り、全身が火照って眠れない夜を過ごしていたんです。

なので。
ホテルのカフェで、ビュッフェスタイルの朝食をとったあとは・・・

P1050771.jpg   P1050776.jpg
目の前で調理された巨大オムレツ       フルーツパフェが可愛すぎるっ

天気も悪かったので、お部屋でのんびり


お昼に雨が上がったので、他のエリアのビーチへ遊びに行ってきました
安宿が多いコトで有名で、昔からバックパッカーが多く集まっているようです。

目指したのは、ビクトリービーチ

今日は天気が悪いせいか、いつもこんなカンジなのか・・・
人出が少なかったので、ちょっぴり寂しい雰囲気

滞在しているオーチティルビーチとは雰囲気が違うから、なんでしょうね

P1050807.jpg   P1050829.jpg
静かな海岸、海には水牛の石像が       砂浜からこの距離でも、水位は膝上

P1050803.jpg
オシャレな桟橋がありました (右の方に水牛の像が見えてます)

訪れたのは干潮の時間で、こんな光景を見てきました

P1050844.jpg   P1050848.jpg
桟橋の柱、歪んでる気がします・・・       岩場のあちこちに潮溜まりが

P1050873.jpg   P1050826.jpg
潮の満ち引きにより作り出された模様     シオマネキに夢中になってました

少し休憩しようかな、と思ったら・・・この空模様

       P1050909.jpg
       2回目のスコールがやってくる気配

「絶対に来る」と思い、慌ててホテルへ戻りました

部屋へ入るとすぐに、聞こえ始めた激しい雨音。
雨に降られず観光できただけ、今日はラッキーだったと思うことにします


  明日、シアヌークビルを出発しま~す




   阪神大震災から、17年目を迎える今日。
   海外版のNHKでも、朝からニュースが放送されていました。

   どんなに月日が経とうが、忘れることのできない悲しい記憶。
   どんなに月日が流れても、忘れてはいけない教訓。

   改めて感じる、そんな1日となったのではないでしょうか?

   この災害により被災された、すべての方々と。
   おそらくつよい共感を持たれた・・・東日本大震災で被災された皆さまに。
   穏やかな日が訪れることを、心から祈ってます。


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment2Trackback0
 
 

楽園って、きっとこんな場所 in シアヌークビル

 
2012/01/16(Mon) Category : カンボジア
サバーイ サバーイ (とっても楽しい)


今日は満足できる宿替えができるように、朝からリゾートホテルを探し回りました。
昨日のうちに、いくつか目星をつけておいたトコがあったんです

そして、この言葉を聞くコトになりました。

   Sorry,miss.
  We don't have a single room today...

   (ごめんね、部屋がないんだ・・・)

部屋がないのは、一昨日と変わりませんが
この前よりも丁寧な応対に、心的ストレスは少なくて済みました(笑)

ここに到着した日、訪れたゲストハウスのいくつかでは。
あたしの質問に何も言わず手を振るだけ、ヒドイ時は目が合った瞬間に首を振るだけ
そんな態度をとられた理由が、少しだけ分かった気がしました。


1時間半、いくつホテルをあたっても部屋が見つけられず
他にもビーチがあるコトは分かっていたので。
エリアを移動しようかと思い始めたころ、やっと空いているホテルを発見しました
部屋を見せてもらう途中に、アレがあることも分かったので即決です。

P1050548.jpg
「beach Club RESORT」

みなさんは、リゾートホテルに何を求めるんでしょうか

部屋から見える絶景、豪華な客室、きめ細かな接遇、ありとあらゆる設備・・・
きっと、人それぞれに求めるモノは違うんでしょうケド。
今回、あたしはコレでした

じゃ~ん

       P1050459.jpg
       敷地の中心に設置されているプール

日本にいても、あたしは滅多に利用しないレベルのホテル
もちろん、お部屋だってステキです。


P1050458.jpg   P1050484.jpg
カンボジア風にアレンジされたベッド       部屋から見た景色

P1050464.jpg   P1050533.jpg
廊下だってこんなにオシャレ           プールサイドはリゾートムード満点


       身分不相応ではありますが・・・
 みゅうさん、とうとう念願のプチセレブになっちゃいました

            (プチどころか、ここでは本物のセレブです)


ここにチェックインしてからは、ほとんど外出するコトもなく。
今日はプールで遊んだり、プールサイドでのんびりと過ごしました

P1050642.jpg   P1050646.jpg
プールの水はとってもキレイ           水中から見上げる空

P1050678.jpg   P1050683.jpg
浮き輪に乗ってプカプカしながら・・・      やっぱり見上げるのは、こんな空

P1050675.jpg
明日はこの浮き輪に乗って、竜宮城へ連れてってもらおうと思います(笑)


夜になると、ますます素敵な雰囲気になりました
プールは22:00まで遊泳可能で、ライトアップされてます。

P1050710.jpg   P1050700.jpg
こんな景色を見ながら・・・            ちょっと豪華なディナー

P1050716.jpg
ホテル内にあるバーにも、南国ムードが漂ってます


夢のような時間を思いきり満喫してます


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 
カテゴリ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。