FC2ブログ
 
プロフィール
 

みゅう.112

Author:みゅう.112
 出身地 : 愛知県

 
検索フォーム
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment | Trackback
 
 

バイバイ、南コーカサス☆

 
2012/11/20(Tue) Category : グルジア
ナフヴァムディス (さようなら)


南コーカサスの旅は、月上旬のアゼルバイジャンから始まりました。
当時は・・・ 暑さに悲鳴をあげ、持ち合わせる情報の少なさに多くの不安を抱えて
気を緩めると涙が溢れそうになる自分を、必死に否定しながら歩いていたっけ。


2ヶ月以上に及んだ、この地方の旅

ここを訪れた頃を、懐かしく思えるほどの時間の中で
出会った人から情報収集しながら、自分で可能性を広げる旅の楽しさを知り。
大きな目標を持たないこの旅にやっと、やりたいコトを見出せた気がします

それは、この土地の魅力があってこそ

激動の時代を経てもなお、その姿を留めてきた数多くの歴史的建造物や。
豊かな自然が作り出す、雄大で美しい景観はもちろんだけど

あたしの印象につよく残るのは、ここに生きる人々

46412_322298591219782_1900535775_n.jpg 28050_322299531219688_311492849_n.jpg 306760_321611121288529_1955367838_n.jpg


多くの血と・・・それ以上の涙が、この土地に流れたのは近年のコト
それでも、外地から訪れる旅行者に手を差し伸べるホスピタリティを考えると。
自分が受けた厚意への感謝は倍増するばかりで、とても忘れられそうにありません。

民族同士の争いが生み出した傷を、本当の意味で癒やすためには。
まだまだ難しい課題が山積みで、全てが解決するには長い道程が必要のハズ
それでも、南コーカサス3国の人々はステキな笑顔を持っています

その強さと、優しさがあるなら

歴史に翻弄され続ける呪縛から解き放たれる日は、きっと遠くない
あたしはそう信じたいし、これが現実となるコトを切に願います。

P1290613.jpg P1290624.jpg P1290626.jpg

再び戻ってきたいという思いを抱えながら、今日このエリアを離れる予定です


おまけ

あたしが南コーカサス地方で、これ以上の紛争が起きないコトを祈る中で。
1週間も前から、イスラエルによるパレスチナ自治区への空爆が続けられている事実は。
きっと日本にいる皆さんの方が、よくご存知でしょう。

「人の歴史は、争いの歴史」

犠牲者の数に比例して因縁は増大していくと、どこかで気付いているハズ。
それでも相手を否定して排除しようとするコトに、正義を見出して。
争う形でしか、物事を解決できない・・・ 人間の弱さを、心から憎みます。

この事態が、一刻もはやく収束しますように。

       P1290454.jpg


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

スポンサーサイト
 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

バトゥミでの、楽しい日々

 
2012/11/19(Mon) Category : グルジア
チェヴェン メゴブレビ ヴァラト (私たちは友達です)


バトゥミはトルコとの国境まで20kmほどの場所にある、小さな港町
隣国の文化と不思議な調和を見せる、独特の雰囲気も
観光的スポットの少ない普通の町も、あたしは大好きだけれど。

       P1290601.jpg

さすがのあたしも・・・ 予定では、泊もするつもりはなかったんですよね。


訪れた町をゆっくりと歩き回るスタイルが定着してきた、この旅では。
自分の気持ちが満足できるまで、次の目的地への移動を避けるようになったから
予定を立てるコトが、どんどん難しくなる一方だれど
そろそろ、年末年始を含めた誕生日くらいまでの見通しはつけた方がいい時期
ゆっくり考える時間をとるために、作った時間のハズが

やっぱり 旅は何が起こるか分かりません。


バトゥミへ到着した日、町を散策しているときのコト
ツーリストエリアから少し離れた住宅街に、レストランを発見したあたし。
英語は通じなくても、写真&英語表記のメニューがあったので。
そこで食事をしたコトをきっかけに、知り合ったウェイトレスのエカ。

P1290276.jpg
エカとあたしは同級生、彼女は2児のママなんですって☆

あたしは気に入った場所に、何度も足を運ぶタイプなので。
同じレストランで食事をするうちに、彼女と仲良くなっただけでなく
お店を経営するご両親や常連のお客さん、近所の人とも親睦を深めました

P1290554.jpg P1290558.jpg P1290553.jpg

P1290555.jpg

お互いに躊躇せず母国語で話をするから(笑)、意味は分からないハズだけど。
ここの心地のいい空気に包まれると、なんだか通じてる気がして。
ママやエカとは多くの言葉を交わすし、声を上げて笑い合うコトだってできるんです

あたしが店を訪れると、お菓子やコーヒーを何度も振舞ってくれるので。
このレストランで過ごす時間が、どんどん増えていきました

P1290681_20121122033529.jpg P1290534.jpg P1290683_20121122033529.jpg

P1290540.jpg


こんな場所を後にするのは、とっても寂しいです・・・

P1290739.jpg


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

グルジアの美味しいモノ♪ 

 
2012/11/18(Sun) Category : グルジア
ゲムリエリ (おいしい)


南コーカサス国を旅してきた中で、ここグルジアは。
家庭料理からレストランでの食事まで、幅広いメニューを楽しめたコトもあって
食事が1番楽しかった国だと、あたしは思っています

コーカサス地方といえば、チーズの国

       P1230731.jpg

チーズの消費量が、なんと世界一だと言われる地方だけあって
地方によって特色が異なっていたり、いろいろな種類が存在しています。
どこの家庭でも朝から食卓に登場したし、料理として提供されるコトもしばしば

P1230422.jpg P1220919.jpg P1280655.jpg

前菜のチーズロール      チーズパンは種類が豊富   ヨーグルト&チーズのスープ 
P1230482.jpg P1280542.jpg P1230055.jpg
           ナドゥギ          ハチャプリ       マツベニズ スピ

グルジアの代表的なチーズパン、発祥はバトゥミのあるアルジャリ地方
P1230057.jpg
                                    アジャルリ・ハチャプリ

スリコ&メディコ家では、自家製ヨーグルトも登場したなぁ・・・

 P1290254.jpg P1280442.jpg

日本にはない、クルミを使った郷土料理も印象的。

産地なので量り売りをしている店も多くて、両手にいっぱいでも150円程度
おやつとしてよく食べたし、地元の人が拾ってきたモノを時々プレゼントされました。

購入のものは殻ナシです   ホウレン草とクルミのサラダ  ナスのクルミペーストのせ
P1270133.jpg P1230490.jpg P1220989.jpg
           カクリス          プカァリ        バドリジャーニ


メイン料理は、バリエーション豊かです

内陸や山間部でも、市場には必ず魚(主にサバ)を見つけられるコトもあって。
グルジアの人の「食」へのこだわりを、見た気がしました
もちろん黒海周辺域ノバトゥミでは、新鮮でおいしい魚をいただいてますよ

手のひら以上の大きさがあった、鮭のグリル
P1290591.jpg

サバのグリル          サンマ?のマリネ       ニジマスのバーベキュー
P1240487.jpg P1270846.jpg P1290528.jpg

イスラムでは禁忌とされ口にできない豚肉も、もちろん食べられます。
2ヶ月近く、イランとアゼルバイジャンを旅していたあたしには
開放感にも似た気持ちが拍車をかけて、その味にずいぶんと感動を覚えたっけ(笑)

 グルジア風ハンバーグ             鳥モモ肉バーベキュー
 P1230776.jpg P1230890.jpg
                  カトゥレティ                 ツィツィラ

おそらくグルジアで1番食べた料理、豚バラ肉ステーキとジャガイモ炒め
P1280095.jpg
                                            オジャクリ

これらの肉料理に欠かせないのが、トケマリ

P1230785.jpg

これは、プラムと香辛料や香草などを合せた甘酸っぱいソース
作る人によってずいぶんと味や色合いが異なるトケマリは、食事の楽しみの1つでした
あたしは、パンにつけて食べるスタイルにハマってました


グルジアでは、お米は副菜感覚なんだとか

       P1290723.jpg
       南コーカサス地方は、パンの形も様々です

やはりここでも、主食はパン
コーカサスで唯一グルジアだけが、外食でゴハンを見つけるコトができない国でした
お米は、煮込み料理に少しだけ混ぜる程度が一般的のようです

 かなりポピュラーな、豆の煮込み料理    肉団子と野菜の煮込み料理  
 P1280414.jpg P1280344.jpg
                     ロビオ                 ドルマー

ずいぶんとパン食に慣れたあたしは、いろいろなスープを味わいました

グルジアの代表的な、牛肉と野菜のスープ
P1220653.jpg
                                           オーストリィ
羊&青プラム         赤レンズ豆           卵&香草
P1220016.jpg P1210714.jpg P1230543.jpg
          チャカプリ   メルジメキ チョルバス         チヒルトゥマ 


最後は、ビールのおつまみをご紹介

グルジアでは滞在するホテルや民宿で、ワインをいただく機会が多かったので。
パブへと通う機会は、比較的に少なかったのですが

おつまみのレベルも、かなり高いと断言できますよぉ

グルジア流小籠包       シシャモフライ         ピクルス嫌いを克服しました
P1230893.jpg P1220915.jpg P1280116.jpg
          ヒンカリィ          デルジー          ムツリニス

かなりパンチのある味だった、若鶏のガーリックソース見込み
P1290680_20121121180821.jpg
                                          シュクメルゥリ



メイン料理は400円程度から、副食やスープは200円程度からです
全般的に塩分が多いけれど、あたしは濃い味が大好き名古屋人。
それでも・・・と思うコトがありながらも、ほとんどが口に合いました
(グルジアでは、お肉よりもお魚の方が高い印象を受けています。)

食事のおいしい国は、旅が楽しいです~


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

あざやかな町、バトゥミ

 
2012/11/17(Sat) Category : グルジア
クヴェラ アプレバ (大丈夫です)


バトゥミはグルジア最大の貿易港を持つ、人口20万人以上の都市
ギリシャ・トルコ・ロシア・イギリスなど、さまざまな国に支配された歴史を持ち
現在は、「アジャリア自治共和国」の首都として機能します

グルジアでは、イスラム系民族による支配の中も
大多数の住民は、もともと信仰していたキリスト教を貫いたと言われるけれど
この地区に住むのは、イスラム教へと改宗した人々だったそうです。

「自治共和国」という、聞きなれない言葉・・・

とても理解が難しいのは、日本で言うなら都道府県以上の権限があるらしく。
グルジアなのに、国家とは少し違う方針での統治を行う権利も認められているトコロ

よく分からない話ですが、この町はとっても平和です(笑)


再開発が進んでいる印象がつよく、中心部にある建物はキレイなものばかり
その色彩も、とってもカラフルなモノが目立ちます

P1290489.jpg P1290436.jpg

P1290376.jpg P1290491.jpg

P1290440.jpg

街中のいたるコトロで、謎めいたモニュメントを発見するコトができます
感銘を受けるようなモノではないけれど、ユーモアのあるその姿には。

なんだか、癒される気がします

P1290494.jpg

P1290443.jpg P1290456.jpg P1290474.jpg

もともとは、静かな町だったのかもしれないな

P1290631.jpg

P1290709.jpg P1290630.jpg P1290366.jpg

       P1290348.jpg


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 

コレって、やっぱり運命でしょ? in バトゥミ

 
2012/11/16(Fri) Category : グルジア
ザリアン (あなたが好きです)


一般的に、「恋は堕ちるモノ」と言われますよね

P1290663.jpg
バトゥミの臨海公園にある、モニュメントの1つ

予期しない出会いが重なったりすると、人はそれを運命だと思い込み
その相手に、特別な感情を抱いてしまう気持ち
きっと誰もが、多少は理解できるのではないでしょうか・・・


バトゥミの町をお散歩していると、あたしは気配を感じました。
そして、近寄ってみると・・・ それはすぐに確信へと変わったんです

P1290642.jpg P1290640.jpg

あたし、この旅で初めて運命を感じました

すでに皆さんがお気づきの通り、純粋な恋の話じゃありません
期待してくださった方には、申し訳ない限りです(笑)


ワインの銘柄など知らなかったあたしが、最初に覚えたのがコレ
そして見事にハマって、前回のグルジア滞在中すでにご紹介しています。
地図を持たない町で、偶然にもキンズ マラウリの専門店を発見しちゃうなんて

        タイトルをクリックすると、その日の記事へ移動できます 
               「グルジアで知った、初恋の味♪」

アラサー女子のあたしでも、簡単に心が揺れました


P1290482.jpg P1290572.jpg

P1290481.jpg

グルジア出国まで、しっかりと満喫しまぁす


おまけ

日本の皆様に、朗報です

あたしが何度もご紹介しているキンズ マラウリ、日本にも輸出されていて。
流通量は多くないようですが、確実に購入ができるようです

ワイン好きな方は是非、お試しあれっ


いつも最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^ー^*)

●ランキングに参加しています●
 ↓ クリックするのはコチラ ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

★携帯からは下記をクリック★
 
世界一周ブログランキング

 
コメント:アイコン Comment0Trackback0
 
 
カテゴリ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。